冬の夜のスノーダンス

 寒い! 寒い寒い寒い!
 学校から帰ってきて、制服からシャツとセーター、デニムのパンツに着替えてわたしはさっさとこたつにもぐり込んだ。
 里桜(りお)ちゃんは寒がりだねぇ、っていつもお母さんは笑うけど、寒いもんはしょーがないでしょ。
 じんわりとあったかくなってきたこたつに腰までもぐりこんで、天板の上のかごに盛ってあるみかんに手を伸ばす。
 こたつでみかんって冬の風物詩だよね。
 皮をむくと、ふわぁっと広がる甘酸っぱいにおい。一袋口に入れると、香りとは違って甘い味が広がる。うぅーん、幸せ。
「それじゃ仕事に行ってくるから、晃(あきら)くんのことよろしくね」
 こたつだるまになったわたしにお母さんが声をかけて出かけて行った。お母さんは夕方から近所のスーパーでパートしてるんだ。まだ幼稚園児の晃がいるから昼間は家にいるんだって。
 さぁこれから数時間、お父さんかお母さんが仕事から帰ってくるまで、ちびっこと二人きりだ。大人しくしててくれればいいんだけどな。
「おねーちゃーん、えほんよんでー」
 ウワサの晃が来た。短い真黒のつんつん髪がわんぱくっ子らしい感じ。手に日本の昔話の絵本を持って、ワクワクした顔でとてとて歩いてきた。
 わたしは中学一年で、晃は幼稚園の年少。歳の差兄弟だ。友達には可愛い弟がいてうらやましいとか言われる。確かにかわいらしいんだけど、時々ちょっとうざったいんだよね。ちっちゃい子らしい我がまま全開にされたら思わず頭をはたきたくなる。
「一回だけだよ」
「うん」
「じゃ、そこ座りな。どれどれ。『むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました』」
 昔話って、どれも何気に残酷なところもあるんだよね、とか思いながら読んでると、晃はこたつに突っ伏してうとうとしだした。うん、さすが我が弟。こんなに小さいながらもうこたつラブなんだね。
 聞いてるかどうかわかんないけど、一応最後まで読んでやった。本を閉じて晃の顔を見ると、あーあ、やっぱ寝てるわ。
 押し入れから布団を出して敷いて、晃をそっちに移してやった。風邪ひいちゃったらかわいそうだもんね。わたしのせいにされちゃうのイヤだし。

 夜になって、こたつで宿題をしていたら、晃がすごい勢いで部屋に走ってきた。
 何? おしっこきわまった? トイレの電気つけてってか?
「おねーちゃん! すごいよっ! キラキラだよっ! きてきて、ねぇねぇ!」
 なにその興奮っぷり。鼻ふくらんでるし息荒いし、顔赤いし。
 でも今宿題してんだよね。
「勉強中だから後でね」
「でもっ、すぐきて、ねぇ」
 腕を引っ張ってくるから邪魔ったらない。
「だめっていってるでしょっ」
 思わず一喝した。
 あ、しまった。
 なんだか嬉しそうに興奮していた晃の顔が、見る間にくしゃくしゃになって、目じりから大粒の涙があふれ出した。続いて大きな泣き声も。もうこの世の絶望を一身に背負ってます的な感じ。
「おねーちゃん、いやだー! うわあぁぁぁぁあん!」
 あぁ、こうなったら手がつけられない。謝ってもなだめすかしても聞きゃしない。いやだいやだばっかり言って、畳にひっくり返って手足をばたつかせて泣き叫んで暴れるミニゴジラと化したガキんちょに何を言っても無駄。
 壊れたスピーカーが止まることない泣き声を大音響を放出している横で、仕方がないから落ち着くまで放っておいて宿題することにした。集中できないからそんなに進まないんだけどね。
 しばらくして泣き疲れたのか、泣き虫はいじけ虫に変身して畳に丸まっている。
「ごめんね怒鳴っちゃって。それで、何があったん?」
 優しく声をかけてみたら、涙ぼろぼろ流して鼻をすんすんいわせながら、晃がこっちを見た。あーあ、顔ベタベタ。
「キラキラしてたの、うらのきのとこ。ちっさいひとがとんでたの」
 ……えぇっと? 裏の木って、うちの裏の林のことかな。木がキラキラしてて、そこで小さい人が飛んでた?
 かぐや姫? いやいや、裏の木に竹ないし。今ちょうど花咲いてる柊ならあるけど。
「ごめん、晃くん。ちょっとお姉ちゃん判らないなぁ」
 できるだけ刺激しないように猫なで声で言ってみたけど、自分の言ってることが伝わってないとわかると我がままな幼児はきぃっと睨んできた。
「だからぁ、うらのきのとこがキラキラしてて、ちっさいひとがふわふわとんでたのっ。わかる? りおちゃん」
 うわ、そのわざとゆっくり話すの、説教くさい時のお母さんそっくり。しかも里桜ちゃんってご丁寧に念押すか。思わず笑いそうになる。つんつん頭をぐりぐりしてやりたい。
「ふぅん。晃くんそれみたの?」
「うん。おねえちゃんもいっしょにいこ」
 いやだ。こたつ出たくない。
 って言ったらまた泣くんだろうなぁ。
 しょうがない、ちょっと付き合ってやるか。
 こたつから出ると足がひやっとする。うおぉ、寒すぎる。すーすーする。出たばっかだけど、早くガキんちょから解放されてこたつに戻りたい。
 身を縮こまらせて晃について行く。少し開いてる台所の窓を晃が指さした。
 開けっぱなしの窓から草木の香りをほのかに乗せた外の冷たい空気が忍び込むように入りこんで来てる。そっと床へ沈んで足を掴んで凍らせてくるような冷たさだ。
 ヤバ寒いのをぐっと我慢してじっと林の中を見たけどやっぱり何もない。星明かりの夜空よりも黒い木の輪郭が見えるだけ。
「なんもないよ?」
「さっき、そこのきのちょっとむこうで、あったんだもん」
「見間違いじゃない?」
「ちがうよ! ぜったいみた!」
 晃のすごい真剣な顔。
 この子はこの手の類の嘘をついてわたしをだまそうとする子じゃない。これだけ真剣なら、晃にとって「きらきらした何かと小さい人が飛んでいる」ように見えるものがあったんだろう。それが何か分からないけど。
「じゃあ、晃が泣いてる間に消えちゃったんだよ。見られたことに気づいて恥ずかしくなって逃げちゃったんじゃないかな」
 晃は不満そうだったけど、一応わたしが信じてくれたんだと納得したのだろう、そうかな、と言って残念そうにとぼとぼと台所から出て行った。
 用が済んだならさっさとこたつに戻って宿題の続きだ。窓を閉めて速攻でこたつに戻った。
 それにしても、なんだったんだろう。キラキラ光るものと小さな人って。
 氷雨とか雪とか? でも空晴れてたし。
 じゃあ晴れてても見えるダイヤモンドダストとか。ってそこまで寒くないよね。
 あれこれ考えたけど、謎は解けなかった。
 まぁそもそも晃の見間違いかもしれないんだしね。

 それからはなーんにも変わったことはなくて、半月くらい経った。晃はあれから夜になったら暇さえあれば台所の窓を見つめている。ちょっとでも何かあったらすぐに飛び出していきそうな勢いだ。……見間違いなんだろうに、熱心だなぁ。小さい子の情熱ってすごいよね。
 今日はクリスマスイブだ。といってもお父さんもお母さんも仕事で、クリスマスパーティは明日なんだけどね。
 もう冬休みだから、家では好きに過ごしたいし、親がいなくてもいいんだけど。ご飯とかさえ用意しててくれれば。あとこたつとみかんがあれば。
 晃もおじいちゃんのところとかに遊びに行ってくれたらそれが一番だけど都合が合わなかったみたい。残念。
 ま、適当に相手して、あとは子供番組でも見せていれば、わりと大人しいんだけどね。
 今夜もわたしはこたつでみかん。テレビを見ながらほこほこにあったまって、甘いみかんを頬張る。なんて幸せなひと時なんだろう。
 そこへ忍び寄るチビの気配が。
「おねーちゃん。でたよっ。キラキラでたっ」
 台所から晃が走ってきた。でもいつものドタドタうるさい足音じゃなくて、できるだけ音を立てないようにすり足っぽい走り方。なんか面白い格好。声も、興奮してるけどささやき声だ。
 前に、見られたことに気付いたから消えちゃったんだ、ってわたしが言ったこと覚えてたんだ。やかましくしたら消えるからと、晃なりにこっそりやってきたのだろう。
「ねぇ、きてよ」
 腕の引っ張り方も、前の時よりおっかなびっくりって感じ。真剣そのもののくりくりした目で見つめられる。
 ……しょうがないなぁ。わたしはそっと腰を上げた。
 こたつむりのわたしが出てってやるんだから、よっぽど綺麗なものじゃないと怒るよ、ほんと。
 さて、キラキラとやらを拝見いたしますか。
 晃につれられて台所へ到着。
 流しのそばにあるすりガラスが、あの時と同じように少しだけ開いていて、冷たい空気がすぅすぅと入ってくる。思わずぶるっと震えながらも、窓に顔を近づけた。
 ――何も、ない。
「なぁんだ。何もないじゃん」
 実はちょっとだけ期待してたんだよね。キラキラで綺麗なものとか、中に浮かんでるちっちゃい人とか、見られたら面白いしすごいことじゃない。
 でも所詮、四歳児の目の錯覚だったか。
「おねえちゃん、みえないの? ほら、あのきのあいだ」
 椅子に上った晃が背伸びをして林の中を指さすけど、いくら目を凝らしてもやっぱりそこにあるのは闇だけ。
「見えないよ」
 自分でも、ちょっとつっけんどんだったかな、と思うくらいの声になっちゃった。
「あるもん!」
 晃は椅子をぴょんと跳び下りて、足音を殺すことなく玄関に走っていった。その勢いのまま上がりかまちからぴょんと跳ねた。
 って、ちょっとまってげんかんって!
 晃が何をしようとしているのか判ったから慌てて後を追いかける。
 わたしが玄関につく頃には、晃はもう靴をつっかけて外に飛び出していた。
「待ちなさい、晃!」
 戸締りとか気になったけど、今はまず晃だ。こんな夜に明かりけのない林に入っていこうなんて自殺行為もいいとこだ。転んで軽い怪我ならまだ笑い話ですむけど、とがったものが突き刺さったりとか考えただけで痛い痛い痛い! そもそも林で迷子になったらどうするのっ。こんな寒い夜に冗談じゃないよ。
 外は思っていた通りの寒さ。空気がぎゅうと素肌を握りしめてくるみたいな。思わず足を止めそうになったけど、前を走る悪たれ坊主は止まるどころか速くなってるしっ。
 でもやっぱりこっちが本気を出したらすぐに追いつくんだよね。相手は幼稚園年少だし。上手な走り方もマスターしてないのが、わたしに勝とうなど十年早い! ……十年後は二十三と十四か。本当にかなわないだろうけど。
 晃を後ろから捕まえて抱きしめて、ふぅと息を吐いた。月明かりにほんのりと照らされて白い息がほわっと広がって消えていく。
 そのまま空を見た。青白くて、とっても寒そうな月がぽっかりと夜空に浮かんでる。周りには星も結構たくさん見える。冬の星空って綺麗だって言うけど、うん、こうやってじっと見ると綺麗だね。寒いけど。
「はなしてよ、りおー!」
「名前呼び捨てにするなっつーの」
 思わずぽかりと弟の頭を軽く叩いた。
 その時だ。
 いつもなら暗いというより黒いだけの林の中が、ほんのりと光っているのに気付いた。目を凝らしてみると、晃の言うように、きらきらと白っぽい光が瞬いている感じだ。
 何なの? さっきまではそんなもの見えなかったのに。
「……あれのこと?」
 思わず手が緩んだ。晃はわたしを振り払ってまた林へと走り出す。
「あ、ちょっと!」
 慌てて後を追いかける。
 勢いよく走っていた晃だけど、林の入り口近くの木に抱きついたかと思うとぴったりとよりそって、そっと中を覗いている。よかった、そのまま走っていかなくて。
 わたしも晃の後ろから、おっかなびっくり、林の奥を覗いてい見た。やっぱり林の近くだと、夏の昼間ほどじゃないけど草木の香りがするね。鼻の中に氷でも入れられたみたいな冷たさとは別で、ちょっと気持ちいい感じ。
 ここからは十メートルくらいかな。木の間で白っぽい光が、きらきら、きらきら、瞬いてる。そんなに強くもなく弱くもない光が暗闇を照らして、ただ怖いだけの夜の林をすごく神秘的な場所へと演出している。
 そしてその光の中で、スポットライトに照らされたダンサーみたく、「小さな人」が二人、踊っている。こっからだとあんまり正確には判らないけど大きさは五十センチぐらいかな? 真っ白いふわふわのワンピースに見えるような服を着ていて、つま先が上にちょっと反ったような靴がかわいらしい。
 まず服に気を取られたけど、肌は透き通るくらいに白くて、髪は絹糸のような銀色。小さい時におとぎ話の挿絵で見た妖精を思い出した。
 空中にふわりと浮かびあがったり、地面で円を描くように回ったりする彼らの手には、先っちょに星の飾りのついたスティックが握られている。
 白いきらきらの光は、そのスティックからあふれている。小さな人がちょこちょこ動いたり、ふわりと舞うたびに、きらり、きらりと光りの粒がこぼれおちてくる。よく耳をすませていると、その時に、シャランって音がなる。耳をちょっとくすぐるような、ささやかだけどこそばゆい音だ。
 しんとした林の中で、とっても寒くて縮みあがるくらいの気温しかないのに、わたしは息をつめてそのダンスをじぃっと見てた。魅入られるっていうのは、こういうのを言うんだね。
 だから、晃が木を離れてそっと「妖精さん」に近づいて行ってると目で見ても、それがいけないことだとは思わなかった。わたしも弟の後について行った。
「だれ?」
 頭の中に、透き通るような声が聞こえてきて、はっと我に返った。その時にはもう、妖精さんとの間は木が一本くらいの距離だった。さっきよりはっきりと見える妖精さん達は、やっぱり白く輝いていて、銀色の髪が向う側が見えるくらいに透き通っている。綺麗だ、すっごく。
「ごめんなさい。あなた達のダンスが見えたから、つい……。邪魔するつもりはなかったんだけど」
 誰と問われてるのに近づいた理由をいい訳みたく答えちゃった。だって、嫌われたくなかった。消えてほしくなかったんだもん。
「……あなた達、人間なのにわたし達が見えるのね」
 妖精さんは驚いたようにわたしと晃を見た。きょとんとした顔が可愛い。
「うん、さっきまでわたしは見えなかったけど、この子が見つけたの」
「ちょっとまえにも、みえたんだよ」
 わたしの言葉に続いて晃もえっへんと威張って付け足した。エラソーだぞ。
 妖精さんはにっこりと笑った。ちっこいのに、お母さんの笑い方に似てる。
「純粋な子達なのね。いいわ、特別よ」
 妖精さんはそう言うと、ダンスをもう一度踊り始めた。
 寒いの苦手なわたしだけど、この時ばっかりはじぃっとして見つめていても寒さは気にならなかった。晃はきらきらとした笑顔で二人の小人が舞うのを見てる。
 ふと、目の前に白いものがちらりと動いた。小人のステッキから出る光とは違う。上から下へと落ちて行くのは、雪だ。
 さっきまで晴れていて、月も星も見えたのに。
 わたしは空を見た。どんよりと横たわる雲が月も星も隠している。でもそのかわり、真っ白な雪で空を飾ってる。
 鼻の頭に雪がふわりと落ちてきた。じゅんとしみて、溶けて行く。
「よぉし、成功。頑張ったね」
 妖精さんの弾んだ声がする。最後のはもう一人の妖精さんに呼び掛ける感じで。
 そっか、雪を降らすための踊りだったんだ。ずっとわたし達としゃべってた方が先輩で、もう一人が後輩で、それも新人って感じなのかな。
「楽しみにしててね。明日の朝にはこの辺り一帯、ホワイトクリスマスよ」
「やったぁ」
 冬は嫌いだけど、雪は好き。
「ほあいとくるしゅます、って、なぁに?」
 ぷぷっ、晃、言えてないっ。
「ホワイトクリスマス、だよ。クリスマスの日に雪が積もってること。明日は雪が積もってるよ」
「わぁい! あした、ゆきがっせんしよう」
「雪だるまも作ろうね」
 わたしたちがはしゃいでると、妖精さんは満足そうにうなずいた。
「じゃ、もうちょっと頑張ろうかな」
 二人が踊り始めたから、わたしも晃も、それをまねて踊った。白い息が弾む。なんか楽しい。
 雪がたくさん降ってくる。うっすらと地面が白くなるまで、わたし達は踊っていた。

 はっと気が付いたら、あれ、布団の中だ。
 妖精は? ……晃はっ?
 がばっと飛び起きて晃の部屋へ――、ん、窓の外が白いよ。
 雪だっ。
 窓を開けた。ぶわっと押し寄せてくる冷たい空気に負けないで外を見ると、一面の銀世界がそこにあった。灰色の雲と白い雪が輝いて、景色全体が本当に銀に思えるから不思議。雪はもうやんでるのがちょっと残念。
「わーい、ゆきー」
 外から晃の声が聞こえてきた。早速雪と戯れてるみたい。
 わくわくしながら着替えて外に出る。
 ……やっぱ寒っ! アンダーシャツとカッターシャツとセーターとコート、マフラーに分厚い靴下に毛糸の帽子ってな具合でしっかりと着込んできたつもりだけど、足りなかったか。
 玄関のそばで晃が、五センチぐらい積もった雪を手で固めては、そこらじゅうに投げている。
 ちょっとあんた、何その薄着! トレーナーと七分丈ズボンだけなんて信じられない! 靴下履いてよっ。見てる方が体温奪われるわ。
「あ、おねーちゃん! ゆき、つめたいね」
 ほっぺたをまっかにして、真っ白い息を吐いて、全身から湯気が立つんじゃないかってくらいに走り回る晃。我が弟ながら、こんなところはすっごく可愛い。
 まだ誰も触ってない雪の上にそぉーっと足あとをつけて喜んでるなんて、……さすがわたしの弟。楽しむツボがおんなじじゃないか。
「そーだ、おねえちゃん、ちっこいひと、まだいるかなぁ?」
 息を弾ませながら晃が見上げてくる。
「晃も覚えてるんだ?」
「うん。いっしょにおどったよね」
 晃も覚えてるってことは、……やっぱり、夢じゃなかった、よね。
「ちょっと見に行ってみようか」
 夜のことは、全部が夢だったみたいにも思える。けど、林の中で妖精と一緒に踊った記憶ははっきりと残ってる。
 夢じゃないって信じたい。だって妖精とダンスなんてすっごくステキじゃない。
 けれど、昨夜の場所に行ってみても、あの綺麗な小人さんはいなかった。ただ、木の枝に雪が積もってるだけ。下草の上にはあんまり雪はない。
「……いないね」
 周りをぐるっと探してみても、やっぱりいない。
 晃と二人して見た幻だったのかなぁ。
「おねえちゃん! きて!」
 晃が上ずった声で言う。
 弟が指さす方を見ると。
 木が生えてない、ぽっかりとそこだけ雪が積もってる場所に、小さく盛り上がるものがあった。
 雪だるまだ。わたしの膝くらいまでもない小さいのだけど。手のところには、あの妖精さん達が持っていたスティックが刺さっている。
「夢じゃなかったね」
「うん」
 そっと近づいてみる。雪だるまの前の部分に、小さい字が彫られてあった。

 Merry Christmas!

 すっごい! わたし達、やっぱり本物の妖精に会ったんだ!
「これ、パパとママにもみせてあげようよ」
 晃が言う。けど、なんだか大人に話したら、全部消えるような気がした。もう二度と、あの綺麗でかわいらしい妖精に会えなくなるんじゃないかって思った。どうして、って理由は判らないけど、なんとなくね。
「晃、これ、晃とお姉ちゃんだけのナイショにしようよ。妖精さんはね、きっと子供にしか見えないんだよ。晃と一緒じゃなかったら多分、お姉ちゃんにも見えなかったと思うんだ。二人だけの秘密にしていたら、きっと来年のクリスマスにも来てくれるよ」
 晃はきょとんとして、わたしを見上げる首をかしげた。
「ないしょにしてたら、またあえるの?」
「うん、お姉ちゃんはそう思う」
 じぃっと考えるような顔をした後、晃はうなずいた。
「わかった! じゃあ、だれにもないしょだよ」
 晃が元気に言うと、小指を差し出してきた。指きりだね。

 来年も、会いたいな。
 また来てね妖精さん。もうちょっと、ほんのちょっとだけ寒いの平気になっておくからさ。一緒に踊ろうよ。

(了)



 作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。


あとがき

 この作品は、すおうさん主催の競作小説企画「第一回 冬祭り」出展作品です。
 冬祭りと見てピンと来た方もたくさんいらっしゃるでしょうが、sagittaさん主催の「夏祭り」の姉妹企画(リスペクト企画)です。すおうさん、素敵な企画を発案くださりありがとうございます。これで楽しみな企画がまた増えました。

 さて記念すべき企画の第一回なので、とにかくほんわかする作品を、と考えました。
 最初は、ラスト付近に出てくる妖精が主人公の異世界ファンタジーを考えていましたが、せっかく我が家に四歳の娘がおりますので、彼女の言動を参考にしつつ、現代ファンタジーにしてみました。
 少しでも心温まる話になっていれば、幸いです。

 それでは、次の作品で。

 2011年12月15日


inserted by FC2 system