悪魔の遺伝子

 まずった。これはまずった。
 他のどんなところが劣っても人を見る目だけはちょっと自信があると思ってたのに。
 気に入らないことがあるとすぐに手をあげる。いわゆるDV男。
 いや、そんな生ぬるいもんじゃない。あいつは、マサキは悪魔だ。
 付き合いはじめは優しくて、わたしの言うことに理解があって、プレゼントなんかもまめにくれて、君の時間は君のものだから束縛なんてしないよ、なんて調子のいいこと言ってたのに。
 一緒にアパートに住み始めて、ガラッと態度が変わった。
 最初は、ちょっと残業になって帰るのが遅くなったら烈火のごとく激しい口調で怒鳴られた。こっちだって働いてんのよ。会社の後の付き合いだってあるよ。あんたと同じなんだよ。それを「女はそんなことしなくていい。適当に仕事して定時で帰ってこい」ってどういうこと?
 それから友達づきあいにまで口出してくるようになった。女の子とたまに出かけて何が悪いのさ。ちょっと出かけてたらケータイをひっきりなしに鳴らしてくるし。出なかったら、部屋に帰るなり殴りつけてきたときは痛かった以上にびっくりして声も出なかった。銃でいきなり撃たれたかのようなショックだったよ。
 果てには、細かいことにまで文句をつけるようになってきた。やれラーメンがぬるいだ、カーペットの隅っこにほんのちょっとのシミがあるだの。夜中に豆腐の味噌汁が食べたいなんていきなり言われてコンビニに買い物にパシらされたこともある。
 昨日なんて、自分が遊んでたテレビゲームで負けたからって蹴られた。完全な八つ当たりだ。
 暴力の頻度もどんどん増えてきてる。こっちがちょっと我慢してたら、こいつはていのいいサンドバッグだと勘違いされたのかも。
 冗談じゃない。本当に、ヤバい。何とか逃げ出さないと。
 でも、この手の男はしつこいって話だし、逃げ出したのがばれて捕まったりしたらまたエスカレートしそう。ううん、絶対にする。
 このままだと、最悪、悪魔の子を妊娠、なんてことになりかねない。
 嫌だ、絶対に嫌だ。
 逃げるなら、チャンスは一度だ。
 どうやって逃げよう。
 警察? いや、無駄だろうなぁ。
 引っ越し先をこっそり探して、いきなり家具を全部新居に移しちゃう?
 でもそれだと勤め先に押し掛けて来られそう。変装したって無駄だよね。
 誰かのところに逃げたって、そっちに迷惑かかっちゃうし。
 うろうろと、部屋の中をクマのように歩き回って、あれこれ考える。
 ……そうだ! あの悪魔よりも強いヤツを味方につければいいんだ。
 探そう。悪魔に勝てる、大魔王を。


「こら! マサキ! 妊婦さんに重いもの持たせるなんて、思いやりのない子だね。どこで子育て間違ったんだろう」
「お義母(かあ)様ぁ、そんなふうにおっしゃらないで。マサキさんはお仕事でお疲れなんですよぉ」
「まぁ、なんて出来た嫁だろうねぇ。ほら、マサキはちゃっちゃと片付けなさい!」
「……どこで間違ったはこっちの台詞だ。どこで歯車が狂ったんだ……」
 結局、DVマサキとは結婚した。
 だって、最強の魔王が近くにいたんだもん。怒鳴り声だけですべてを焼き尽くす紅蓮の炎のような威力がある、悪魔の母。
 ううん、わたしにとっては女神さまだわ。
 そう言えば、どこかの神話にカーリーって言う怖い女神さまがいるらしいね。ぴったりかも。
 とにかく、お義母様を味方につけたわたしに、もう怖いものはない。
 マサキの子はできちゃったけど、そうね、願わくばこの子が女の子であってほしいな。
 そうすれば女三代で元悪魔をずっと支配出来ちゃうもんね。
 え? わたしも十分悪魔?
 そりゃ、毒をもって毒を制す。悪魔をもって悪魔を制す、ってね。

(了)

 作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。

「参加型小説」目次へ
TOPへ

あとがき

 この作品は、拙宅チャットにて開催した「お題バトル」で執筆した作品です。

お題:炎 ラーメン 神話 歯車 銃 豆腐 変装 ゲーム 悪魔
使用お題:すべて使いました。
原稿用紙4.5枚。執筆時間45分。

 執筆時間は45分ですが、実は開催前からこんな話にしようかな、という大筋は考えてました。ちょっとズルですね。
 実は「ザ・インタビューズ」の方で、悪魔をテーマに何か書いてくださいというようなお題があったので、そこに乗っかりました。一石二鳥です。
 前回のお題バトルがひたすら暗い展開だったので、「次のお題バトルでまた愛良と魔剣サロメの話を書こうかな」とか考えていましたが、先に「第六回 夏祭り」で書いてしまいました。
 どうしてDV男の話を思いついたのかは自分でも判りませんが、なんとなく「酷い男が逆にやり込められる」という路線が頭をちらちらしていたのでこんな感じに仕上がりました。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

 では、また次の作品で。

2012年 9月 1日 執筆
2012年 9月 5日 編集

inserted by FC2 system