桜・さくら

 太陽が立ち並ぶビルの向こう側に消えてしまうと、とたんに空が暗くなった気がする。実際にはまだ空には青色が残っていて、太陽が沈んだ方はオレンジ色に染まっているのだが、街灯やビルの窓、店の玄関に明かりがともり始めると余計に夜の始まりだなと思わされる。
 桜が満開になったとはいえ、陽がかげるとGジャンではまだ寒い。自然と体が縮こまってくるのを、隣の洋介に気づかれたみたいだ。
「やっぱり寒いだろ。夜桜見に行くんだから、Gジャンじゃ寒いぞって言ったのに」
 そらみたことかというような彼の表情と口調に、わたしは頬を膨らませた。
「だって、スプリングコート持ってなかったんだもん。もう冬物だと季節はずれだし」
 洋介は笑って、わたしの手をひときわ強く握って自分のジャンバーのポケットに突っ込んだ。
 あったかい。右手だけ、だけどね。
「ありがと」
「はぐれないためにもちょうどいいかもな。おまえ、手ぇつないでないと人ごみにまぎれそうだし」
「ちっちゃい子じゃないよぉ」
 まあ彼の言うように、人ごみにまぎれそうなくらいに身長は低めなんだけどさ。
 京阪電車の四条駅から八坂神社に向かう道、四条通は人でいっぱいだ。みんな、八坂神社の方面へと向かっている。
 桜が見ごろのこの時期は、清水寺で夜の特別拝観が行われている。きっとこの人たちは八坂神社経由で清水寺に向かっているのだろう。わたしたちもそうなのだ。
 その、八坂神社の境内に入る。素通りもなんなので、お参りをした。もう夕方だというのに、同じようにお賽銭箱に小銭を投げ入れ、拍手(かしわで)をうつ人達がたくさんいる。
「何をお願いした?」
 洋介に聞くと、頭をかきながら「ちゃんと就職できますように、って」と答えた。そうだね。もう大学四回生だしね。最近の就職活動はとても早くて、三回生の終わりごろからもう企業訪問、というのも珍しくない。洋介も、何社か訪問したみたいだけど、やっぱり厳しいらしい。
 就職の願掛けかぁ。わたしは無事に卒業できるようにとお願いしたんだけど、そこが男と女の差なのかもしれない。男の人は新卒で正社員として就職できなければ、結構厳しいみたいだし。
「早苗は?」
 洋介が聞き返してくる。
「わたしは、卒論がうまくまとまりますようにって」
 卒業論文は卒業必須単位だもん。スサノオノミコト様、お願いいたしますね。
 神社を東側に抜けると、たくさんの出店が並んでいた。とうもろこしやたこ焼きのおいしそうなにおいが立ち込め、買い求める人達でごった返している。
 ここは円山公園。桜の名所で、とても大きな枝垂桜が有名。
 京都の近くに住んでいるくせに京都にはあまり詳しくないわたしだったが、このあたりのことは多少の知識がある。去年、初めて洋介とデートする前に、観光サイトで調べたんだけどね。
 公園のそばの道を通るころには、空が急激に明るさを失ってきていて、桜は外灯に淡く照らし出されていてとても綺麗だ。
 そこここでござを敷き、夜桜を楽しむ人々。お酒も入っているみたいで、せっかくの桜はそっちのけで、結構騒がしいグループもある。
「寄ってく?」
 洋介が聞いてきた。でも、もうちょっと落ち着いた雰囲気のところがいいな。
「ううん。清水寺に向かおうよ」
「やっぱ、寒いからか?」
 わたしの、ちょっとばかり風流を愛する心は、ぜんぜん洋介には伝わらなかったらしい。まあ、いちいち説明するのもめんどくさいし、薄着をしてきてしまった言い訳に取られるのもしゃくだから反論はしないでおきましょ。
 わたし達は、円山公園に別れを告げて、南へと下っていく。
 石畳の道の両側には、足元に行灯が等間隔で置かれている。さすがに火事の心配があるのでろうそくではないが、とても綺麗だ。
 ここまでくると、思っていたよりも人が少ない。あの、四条通から八坂神社へと向かっていた人達は、もしかしたら円山公園での花見が目的だったのかもしれない。
 三年坂の階段を上り東に入ると、道の両側には、観光客を目当てにしたさまざまなみやげ物屋が並ぶ。四条通の、近代的な建物が多い並びとは違い、居を構えてかなりの年月が経っていることを容易に感じさせる雰囲気だ。
 道には、また人の賑わいが戻っている。だが、公園での馬鹿騒ぎではなく、これから寺をお参りしようかという、落ち着いた雰囲気の人々だ。なんとなく、ほっとしている自分がいる。
 「早苗って、どこか古風なんだよな」と洋介に言われたことがある。そうかもしれないね。
 その洋介は、みやげ物屋に並ぶ、ちょっと変わった品々に目を取られている。京都の名産と並んで、どこかのキャラクターを「パクッた」グッズが結構おいているのよね。こんなのを買うのって、日本のキャラクターグッズを好む外国人か、ちょっとマニアックな趣味の若者ぐらいじゃないかな? 店先に並んでいると目を引くのは確かだけど。
 坂を上りきると、仁王門に到着。ここは最近改装されて、とても綺麗になっている。でも、綺麗過ぎて違和感を覚えるのは、やっぱりわたしが古風だからだろうか。
「拝観料払ってくる。早苗はここで待ってろよ」
 門をくぐったところで、洋介が、まるで小さな子に言い聞かせるような口調で告げると、つないでいた手を放して行ってしまった。
「もう、また子ども扱い?」
 洋介の背中に文句をぶつけてみても、彼は振り返りもしなかった。人々の話し声に消されて届かなかったのかもしれない。
 絶え間なく流れていく人々。でも思っていたよりは混雑していなくてよかった。
 桜、楽しみ。綺麗だろうなぁ。
 そんなことを考えていると、洋介が戻ってきた。拝観チケットを渡してきた彼は、わたしの手が思っていたよりも冷たかったのであろう、びっくりした顔になった。
「手、冷たいな。大丈夫か?」
 言われて、自分があまり寒さを感じていないことに気づいた。空気の冷たさに体が慣れてしまったのかもしれない。
「うん、大丈夫。それよりも早く行こう」
 わたし達はまた手をつないで、清水寺の境内を歩いた。
 人の間を縫いながら訪れた、清水の舞台。昼間とはまた違った雰囲気だ。薄暗い中であたりがほんのりとライトアップされている。
 舞台からは遠くに京都の夜景。手前には、白色のライトに照らし出されたソメイヨシノ。都会の喧騒を遠くに押しやり、咲き誇る薄紅色の桜たち。
 とても、綺麗だ。
 そこここで炊かれるカメラのフラッシュが、ちょっと興ざめだけれども。
「ママ、だっこ〜」
 わたしの隣にいる小さな女の子、たぶん小学生になったかならないかくらいの子が母親に抱っこをせがんでいる。きっとこの子も桜をじっくりと見たいのだろう。
 まだ二十台半ばくらいに見える母親は笑顔で、女の子を抱き上げている。隣には、おそらく父親と思われる、やはり若い男性が寄り添っていた。
 小さな子がいるだけで、なんだかほほえましい。
「なんだ? 抱っこがうらやましいのか?」
 また洋介は……。少々うんざりしたので、ちょっとやり返したい。
「そうやってすぐ子ども扱いするけれど、わたしの方がよっぽど洋介よりも博識なんだからね」
「お、博識ときましたか」洋介は面白がっている。「で、どんなことをご存知なのですか?」
「そうね、たとえば、清水の舞台のこと。ここは舞台としても使われていたけど、どうしてこんな高いところに建てたのか、本当の理由は別にあるんだよ」
「へぇ、どんな?」
 からかいから、話の内容に対する興味へと、洋介の口調が変わった。
「建立は奈良時代の終わりなんだけど、そのころ疫病がはやってて、たくさんの人が亡くなったんだって。このあたりって、ちょうど死人を捨てるための土地だったのよ。ここからは、庶民の遺体を捨ててたの。においが届かないように、こんな高くしたんだって」
 どう? 知らなかったでしょ? と、洋介を見ると彼は感心したようにうなっている。
 実はわたしも観光サイトとかの受け売りだから、そんなにエラソーに言えた立場じゃないんだけどね。
「じゃあ……、この下に生えている桜の根元には、死体が埋まってるってか? あぁなるほど、それで桜が見事に咲いてるんだな」
 感心していたと思ったら、また茶化してとんでもないことを言い出した。「綺麗な桜の根元には死体が埋まっている」なんてオカルト的に言われることがあるが、まったく冗談じゃないわ。
「ちがうもん!」
 一言物申すとばかりに口を開きかけたわたしよりも早く洋介の言葉を否定したのは、さっきの女の子だった。どうやらわたし達の話を聞いていたようだ。わたしの隣で大人に抱かれているのだから、聞こえていても不思議じゃない。
「さくらの下に、したいがあるなんて、うそだもん! ここはそんなとこじゃないんだよ。ここはパパとママのおもいでのばしょなんだもん」
 女の子は必死に訴えかけてくる。表情は真剣そのものだ。彼女を抱いた母親が、ちょっと困った顔をして「すいません」と一声かけて、その場を離れようとした。カップルの戯言に子供が反応したことに対して謝っているのだろう。
 でも謝るのはわたし達の方だ。せっかくの美観を楽しむ心に水を差してしまった。
「いえ、いいんです」わたしは母親に一声かけてから、女の子と目を合わせた。「ごめんね、おねえちゃんたち、変なこと言って」
「そうよ。したいなんて、ないんだよ」
「うん。綺麗な桜があるだけだね」
 わたしの言葉に、女の子は、ぱぁっと顔をほころばせた。
「ここはいいところなんだよ。パパがママにぷろーずしたところなんだって。だからさくらがいるんだって。ママ言ってたの」
 ぷろーず? あぁ、プロポーズのことだね、きっと。
 母親を見ると、顔を赤らめている。「さくらちゃん、ママ恥ずかしいからそんなこと言わないで」とやさしくたしなめている。隣の父親は頭を掻いて苦笑いを浮かべていた。
 あったかそうな家族。あこがれるな。
「さくらちゃん、ここ好き?」
「うん。はじめてきたけど、だいすき」
 さくらちゃんは、満面の笑みで応えた。その笑顔は、周囲に咲き誇る桜に負けないほど輝いていた。
 やがてさくらちゃんと彼女の両親は、一足先に舞台を後にした。さくらちゃんは、小さな手を一生懸命に振って、見えなくなるまで別れの挨拶をしてくれた。
「おれたちも行こうか」
 洋介が声をかけてくる。
「うん」
 洋介は、またわたしの手をつないで彼のジャンバーのポケットに入れた。
 あたたかい。優しい手。
「ありがと」
 今度は憎まれ口をたたかずに、洋介は笑って、ぎゅっと手を握ってくれた。
「ねぇ、地主神社に寄っていい?」
「え? あの奥にある神社?」
「そうそう、恋みくじ引きたいな」
 つないだ手のぬくもりを確かめ合うように強く握りあい、わたし達も歩き出す。
 人にはそれぞれ大切な場所がある。誰にも汚されたくない思い出がある。今日、さくらちゃんがそれを思い出させてくれた。
 わたしだって、初めて洋介とここにきたときはもっとときめいていた。この場所が誰かに悪く言われようものなら、それがたとえ冗談であっても反論だってしただろう。
 あのころの気持ち、大事にしないとね。洋介といることがあたりまえになって、ありがたみさえなくならないように。
 きっとこれから桜を見ると思い出すだろう少女の笑顔に、心の中でもう一度、ありがとうと告げた。
(了)

 作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。

あとがき

 この作品はサイトのキリ番70000番をGETされたさくらさんのリクエストに基づいて書き上げました。
 お題は「京都が舞台」「さくらが出てくる」「少女か女の子が出てくる」というもの。さくらは花でもいいし、なにかの名前でもいいというものでした。

 本来、リクエスト者様だけが作品を楽しむ期間として、贈呈から公開まで1ヶ月あけるのですが、今回はさくらさんのご意向により贈呈から数日後、サイト開設記念日に公開となりました。

 わたしは一応、京都府に住んでいますが、実はぜんぜん京都人らしくないのです。生まれも育ちも奈良で、京都府には3年前に越してきたばかりだし、しかも市内ではないので、むしろまだ奈良人です。 ……じゃあ奈良に詳しいかといわれると冷や汗をかきますが(笑)。
 ということで、自分がよく訪れる八坂神社から清水の舞台を書かせていただきました。これならまだ実感があるので、うそっぽくならないかなぁと。

 さくらというキーワード、単純に花だけにしてもよかったのですが、もっと印象深くできないかと、女の子の名前にも使いました。実は、早苗も最初は桜という名前でしたが、さすがにそれはやりすぎかなぁと思って、ほかの春らしい名前をということで変更しました。

 清水の舞台を書くに当たって、サイトをめぐって調べてみました。作中にはないですが、思い切ったことをするときに「清水の舞台から飛び降りる」といわれているのはなぜか、とか、いろいろと勉強になりました。
 普段書かないようなことを書くに当たって勉強するというのは、とても大切なことですね。

 たくさんの新たな発見と、自分の記憶の中にある景色をもとに書かせていただきましたが、いかがでしょうか。
 リクエスト者であるさくらさんが気に入っていただければ、また、ほかの読者様も、少しでもよかったと感じていただければなと思います。

 それでは、また次の作品で。

2006年 4月11日
リクエスト者感想

 キリ番リクエストの小説を書いていただけたこと。
 そして、私のリクエストをした小説が、サイトの記念日の小説となったこと。
 嬉しい事が重なり、更に嬉しくなりました。

 キリ番リクエストの小説を読みました。
 タイトルの「桜・さくら」。
 春を感じさせる良いタイトルだなと思いました。
 印象的だったのが、「さくらちゃん」です。
 可愛い女の子だなと思いました。
 綺麗な桜に可愛いさくらちゃん。
 印象的な桜がたくさん登場する物語になっていて、とても嬉しかったです。
 早苗の想いが洋介に伝わって、二人にたくさんの幸せがくるといいなと想いました。
 八坂神社と清水寺の間を歩いて出掛けたことや、三年坂を緊張しながら歩いたことを思い出しました。
 素晴らしい作品を書いて頂けて嬉しいです。
 ありがとうございます。
 本当だと、ずっと自分一人だけで楽しんでいたいほどの素晴らしい小説だと思います。
 その気持ちとは逆に、たくさんの方に早く読んで頂きたいと思う小説だとも思っています。

 本当にありがとうございました。

リクエスト小説一覧
感想所 サイトTOP

inserted by FC2 system