非リア充、呪われる?

 去年の今日、ここに花見に来たっけ。
 あの時は、由菜は薄いピンクのシャツにオフホワイトのカーディガンを羽織って、可愛かったな。
 まさか、それが最後のデートになるなんて思わなかった。
 いつものように、それじゃまた来週ね、って手を振って別れて、それっきりになった。
 家に帰って、「今日も楽しかったね」ってメッセージツールでコメントしても、既読の文字が付かなかった。
 いつもなら三分とかからずに返信があるのに。
 もちろん、シャワー浴びてたりとかで、すぐに返事が来ないこともあったけれど、あの時は何だか嫌な予感しか、なかった。
 そして、その予感は当たってしまった。
 次に由菜にあったのは、彼女のお通夜だった。
 由菜は白装束を着せられて、頭に包帯を巻かれて、息もせず棺桶の中に横たわってた。
 事故に巻き込まれたんだって。
 なんでだよ。なんで由菜なんだよ。
 おれはただ嘆くだけだった。ご両親には、おれが家まで送って行ってれば、って泣いて謝るしかできなかった。

 あれから、もう一年経った。
 おれは、立ち直ったような、立ち直ってないような、妙な感じで、今ここにいる。
 桜をバックにはしゃぐ由菜。
 お弁当作ってきたと恥ずかしそうにしてた由菜。
 一緒に食べて、笑ってた。
 隣にいたぬくもり。
 何もかもが、ゆっくりと薄れていく、遠くなっていく。
 忘れたくない気持ちと、それでも、とらわれてちゃいけない、って思う気持ちと。
 由菜のことを思いだすと、嬉しくて、こそばゆくて、苦しい。

 たくさんの人がレジャーシートを広げて花見を楽しむ中で、地べたにぽつんと座るおれはきっと浮いた存在だろうな。
『そうだよー。もっとしゃんとしなよ』
 由菜の声が聞こえた気がした。
 ――って、えっ?
 桜の木のそばに、由菜がいる。
 透き通るような、ってか実際透き通ってるっ。
 白い着物を着て、まんま、怪奇現象特集に出てくる幽霊そのものだ。
『ちょっとシツレイねっ。まぁ幽霊なのは確かだけど、あんな怖いのと一緒にしないでよ』
 由菜が笑った。生きていた頃みたいに可愛い笑顔で。そのままおれの隣にぺたんと座るもんだから、一年前の花見の時みたいだ。
 でも由菜が透き通ってるのも、他の人に見えてなさそうなのも、彼女がこの世の人じゃないことを示してる。
 幽霊なのに、幽霊を怖がるんだな。
『あったりまえでしょ。こんな可愛いのを捕まえて、怨霊とかと同類にするなんて』
 うん、悪かったよ。でもどうせなら、そのいかにもな着物じゃなくて、もっと由菜らしい格好で来てほしかったな。
『それは、ねぇ、霊界にも諸事情があってねぇ』
 由菜はそっぽを向いてしまった。服装に関する諸事情があるのか? こっちに来るには死に装束じゃないといけないとか?
 まぁいいや。それよりも、会えて嬉しい。
『もう、……わたしも嬉しいけど、ダメだよ、もっと前向いて生きなきゃ、ね?』
 嬉しそうな、それでいてちょっと悲しそうな顔をした由菜。
 なんで、なんで、君だったんだろうな。
『ほらまたそうやってブルーになる』
 それこそ、あったりまえだろ? 好きな人が死んじゃったんだぞ。
『しょーがないなぁ。じゃあ、わたし、このまま守護霊になってあげてもいいよ? そしたら、ずっと一緒だよ』
 えっ? マジっ?
『でもそうしたら、あなたに近づく女はみんな不幸になっちゃうよ。一生結婚どころか彼女もできなくて、それどころか呪われてるってウワサも立っちゃって大変かもよぉ?』
 なんで?
『わたしが呪うから』
「呪うのかよっ?」
『そばにいたら、やっぱり妬けるからね。どうする? わたしが守護霊になっていい?』
「う、うーん」
『悩むなっ』
 由菜に右ストレートを食らった。といっても実際に触れてるわけでもないし、全然痛くないんだけど。
 ふん、とひとつ息をついて、由菜が困った顔をする。
『守護霊になるなんて、ウソだよ。わたし、あなたと付き合ってて幸せだった。だからあなたもこれから幸せになってほしい。これを伝えたくて、来たんだ。こんなダッサい格好を我慢して来たんだから、わたしのお願い、叶えてよね』
 由菜は両手を横に伸ばして、自分の着物をみて、はあぁ、と心底イヤそうな顔をした。
 おしゃれで可愛かったもんな。確かに死に装束はイヤだろう。
 そう思ったら、ふふっと笑いがこみあげてきた。
『そうそう、そうやって笑ってればいいんだよ。せっかく桜が綺麗に咲いてる所に来てるのに、見もしないでふさいじゃってるのってもったいない』
 由菜が笑った。
 言われて、辺りの桜を見る。
 今ちょうど満開で、枝という枝に薄ピンク色の花がたくさんだ。
 すごく、綺麗だ。こういうのを見て癒されるのって、日本人なんだな、って話してたっけ。
 去年、一緒に見た桜は、あの時と変わってなくて。
 ……でも、周りの人のおれを見る目が、痛々しい。
『そりゃ、他の人にはわたし見えてないし。何もない所見て「呪うのかよっ?」なんて口走っちゃ、ねぇ』
 げっ。そうかっ。そりゃおかしなヤツだ。
 由菜が、けらけらけらけら、楽しそうに笑ってる。
 おれも、つられて笑った。
『それじゃ、ね。伝えたからね。守ってくれないなら次は呪いに来るから』
 怖いなおい。
 あはは、と笑って、由菜が手を振って、消えていく。
 元々薄かった影が、更に透明になっていって、見えなくなっていった。
 後に残ったのは、中途半端な笑い顔のおれと、かわいそうなものを見るような目でおれを見ている花見客だけ。
 おれは、すごすごとその場を離れた。

 約束、とか言って、勝手に希望を圧しつけてっただけ、だけど。
 ちょっと頑張って前向きに生きてみようと思う。

(了)


 作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。

あとがき

 この作品は、サイト開設14周年の記念リクエストで書き上げました。いただいたお題は「着物」「桜」です。
 まずは、お詫び申し上げねばなりません。
 サイト開設14周年にリクエストをいただいたのに、2年もの間、滞っておりました。
 わたくしの不徳の致すところでございます。申し訳ございません。

 リクエストが、着物と桜ということで、単純に、着物を着た彼女とデート、などと考えましたが、それでは面白みがないうえに、過去にも「カップルが花見をする」似たような作品を何作か書いているので、もうちょっとひねってみようと思いました。
 そこで、着物は白装束にして、幽霊の彼女と対面、という、内容は重めなのに雰囲気はコメディっぽい本作が出来上がりました。
 由菜の「霊界にも諸事情があって」というのは、twitterで見かけた「幽霊がこの世にやってくる時に、似たような格好なのは、それが霊界の決まりだからじゃないか」という主旨のツイートを見かけたので、それは面白いと取り入れてみました。

 琉珈さん、リクエストありがとうございました。
 それでは、また次の作品で。

2016年 4月18日 

inserted by FC2 system