幼馴染兄妹がすごすぎる

 終わった!
 何がって、学校生活最大の敵、定期テストだよ。
 小学生の頃は、単元ごとのテストで点を取っていればそれなりにいい成績でいられたけど、中学生になったら、そうはいかない。
 なにせ、普段どれだけ真面目に授業を受けてても、一学期の間に二回だけのテストで結果を出さないと満足できる成績は取れない。
 ふつーの成績なら、あんまりがんばらなくてもいいけど、わたしは狩人を続けるのに成績を落としちゃダメっていう条件があるから気が抜けない。
 学校で部活動がテスト前の一週間、停止になるのと同じように、うちではテスト期間は狩人停止だ。
 一学期の中間テストは五教科のどれも八十点前後でいい感じだったけど、期末テストは難易度がぐっと上がって難しい。
 それでも何とか目標の点数に手が届きそうなのは、大親友、さっこちゃんのおかげ。テスト期間にみっちり勉強教えてもらったよ。さすが才女は教えるのもうまい。
「いやぁ、やっと終わったねー」
 やりきった感で額の汗をぐいっとぬぐって言うと、さっこちゃんも嬉しそうにうなずいた。
「だねー。どうだった?」
「さっこちゃんのおかげで苦手なとこもなんとか乗り切れたよ」
「そりゃ愛良ちゃんが頑張ったからだよ」
「これでお小遣い差し押さえは免れそう」
「教育パパ、続いてるんだね。愛良ちゃんこれからも大変だ」
 まったくだ、と笑った。
 さっこちゃんには狩人うんぬんのことは言えないから、お母さんがいない間に愛良の成績を落とすわけにはいかない、とお父さんが張り切っちゃってることになってる。成績が下がったら差し押さえられるのは小遣いじゃなくて狩人の活動だ。
 ごめんねお父さん、憎まれ役を圧しつけちゃって。
「咲子ちゃん、部活いこ」
「愛良ー、一緒にかえろー」
 下校時間になると友達がわらわらーっと集まってくる。
 さっこちゃんは人気者だ。キリっとした美人さん、成績優秀、運動神経抜群、姐御肌なとこもあるけど優しい、とくれば人気がないはずはない。わたしは、まぁ、おこぼれみたいなもんだ。
 女子の輪の外で、男の子達がこっちをちらちら見てるのが見える。
 もちろん、さっこちゃん狙いだ。
 さっこちゃんは表だって男の子にちやほやされるタイプじゃなくて、遠くからあこがれの存在として見られてる感じ。なんて言うんだっけ。高い花? 高貴なバラみたいな? あ、でもトゲトゲしくないんだけどね。時々ズバっと出ちゃうツッコミはもう大阪人の共通スキルだからカウント外ということで。
 一部の女子で、さっこちゃんのこと妬んでる子もいるんだけど、ちょっとしたイヤミぐらいならスルーという特技を持ってる。こっちが気づいてむかーってしてても、「え? 今のってそういうつもりなんだ?」って言ってのけちゃうし。
 こんなすごくて頼もしくて面白い子と一番の仲良しって、ちょっと鼻が高いかも。もちろんそんな打算でお友達してんじゃないけどね。やっぱ友達が人気者っていうのは、嬉しいじゃない?
「じゃーねー、愛良ちゃん。また明日」
「さっこちゃん部活頑張ってねー」
 わたし達は手を振りあって教室を出た。

 夜、さっこちゃんからスマフォにメッセージが届いた。
『明日部活ないんだって。新作見に来ない?』
『いくー♪』
 即レス入れた。
 明日は土曜日。いつもならさっこちゃんは部活三昧なんだけど、珍しいね。
 そして次の日、お昼ご飯をさくっと食べたら、さっこちゃんの家に遊びに行く。
 今日は宿題ないし、夢魔退治もないはず。夜ご飯作る時間までに帰ればいいから、ちょっと気が楽だ。
 さっこちゃん家は、うちから歩いて十分もかからない。だから青井家の人達も体調くずしたらうちにやってくる。御幣あるけど上得意様だね。
 おうちは、ちょっと大きめの一軒家だ。
 一般家庭で、さっこちゃんも、三つ上のお兄さんも特別に進学塾とか行ってるわけじゃないし、お母さんが教育熱心ってわけでもないのに二人とも成績いいなんて、やっぱ元から頭いいんだろうな。そりゃもちろん人知れず家ですっごく勉強してるのかもしれないけど、ガリ勉って雰囲気は全然ない。
「愛良ちゃん、いらっしゃい」
 さっこちゃんのお母さんがニコニコ顔で迎えてくれた。うちのお母さんに負けず劣らず元気な人だ。だから二人は気があって、わたし達が産まれる前から仲良かったんだって。
「それじゃ、ゆっくりしてってね」
 さっこちゃんのお部屋にお菓子とジュースを持ってきてくれたお母さんは、やっぱりニコニコ顔で部屋を出てった。
 ……いいなぁ。お母さんがいつもいるって。
「ん? どしたん?」
 ぼーっとしちゃってたのかな。さっこちゃんが聞いてきたから、ごまかした。
「いやぁ、さっこちゃんって結構かわいいもの好きだけど、部屋は殺風景というか、あんまりそういうもの置いてないなぁ、って」
「ほっといて。ってか愛良ちゃんだってそれは一緒でしょ」
 それもそっか。
 笑って言いながら、さっこちゃんは大目的のDVDをプレイヤーにセットした。
 最近レンタル開始になった有名なアクション映画だ。
 さっこちゃんはアクションシーンで目を輝かせてる。
 わたしもアクションシーンでじぃっと見るのはおんなじなんだけど。
 あ、この動き、夢魔との戦いに使えそう、とか、あれはかっこいいけどちょっと無理があるかなぁ、とか、そんな見方しかできなくなっちゃってる。これって職業病って言うのかもしれない。
 もちろんストーリーとかも楽しんでるけど、やっぱり二人ともアクションシーンを重視してるんだよね。
 だから観賞会が終わってからの感想大会も、あのシーンは格好よかったとか、あの動きは超人的だとか、むしろ神業だとか、そういう方面がほとんどだ。花も恥じらうティーン女子の会話じゃないよね。ま、楽しけりゃそれでいっか。
 しっかし、学校のアイドルと仲良く並んで観賞するのがアクション映画なんて、さっこちゃんに憧れてる男の子達が知ったらどんな顔するだろうか。さっこちゃんの「語り」について来られる男の子だったらきっと、彼氏候補の最大有力者になれるかもしれない。
 ついでにこれも見るー? みたいな流れになってもう一本観賞した。
 はっと気が付いたら外がうす暗くなっちゃってる。やばー。夜ごはん用意しないと。
「もう帰んないと。ばたばたしてごめん」
 わたしが慌てて帰ろうとするところに、さっこちゃんのお母さんがやってきた。
「あれ? 愛良ちゃん帰るの?」
「はい。ご飯作って来なかったから」
「そっか。いつも作ってるんだったね、偉いねー。じゃ、うちのおかず持って帰る? ちょっと多く作っちゃったから持って帰ってもらったら丁度いいし」
 それはラッキー、と心の中でぱぁっと舞い上がった。
「いやー、でも悪いですしぃ」
 一応言っておかないと。
 そしたら、さっこちゃんのお母さんは何がおかしかったのか、ふふふって笑った。
「子供がヘンに遠慮しちゃダメよ。良かったら愛良ちゃんはうちで食べてってね」
 なんて優しいんだ、やっぱうらやましいよ、さっこちゃん。
「それじゃ、お言葉に甘えさせていただきます。ありがとうございます」
 そうと決まれば早速とばかりに、わたしはおすそわけを頂いて一度家に帰ってからまた来ることになった。

作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。


次へ
すべては夢のものがたり 目次
感想掲示板  サイトトップへ
inserted by FC2 system