偏屈相棒、鬼師匠

 そっと、そーっと箱に触った、その瞬間。
 箱が白く光り出した。
「うわっ」
 眩しくて思わず目をつぶって手を離したけど、閉じたまぶたの上からも明るく感じるぐらい。
 ゆっくりと目を開けてみる。不思議と、目は痛くない。こんな強い光なのに。
「これは……」
 アロマさんも驚いてるみたい。こんなこと、初めてなのかな。
『汝、我を求める者か』
 うわっ。光の中から声がしたっ。おじいちゃんみたいな感じの、なんて言うのかな。威風堂々? おごそかな? とにかく渋くて落ち着いててかっこいい声だ。
 汝、って、わたしのことだよね? ってことは、この箱の中に入ってる何かが、話しかけてきてるって考えていいのかな。
 思わず、アロマさんを仰ぎ見た。
 アロマさんは、にっこり笑って、うんうんとうなずいてる。
 ってことは、はいって言っていいんだよね。
「そうだよ。わたしは狩人になるの」
 そしてお母さんを探すんだ。
『汝の名は?』
 一呼吸ほど置いて、声が聞こえる。っていうか耳からじゃなくて、頭の中に響く感じ。
 名前か。ここはしっかりはっきりきっぱりと、名乗ろう。
「愛良、牧野愛良だよ」
 ふんっ、とおなかに力を込めて声を出す。
『愛良か。よいだろう。これより我は汝の剣(つるぎ)となろう』
 光が、箱に吸い込まれてく。あれだけ眩しかった光がすぅっと溶けるようになくなって、箱のふたがゆっくりと開いた。
 そこには一本の剣がある。西洋風の両刃の、一メートルぐらいの剣だ。
 全体的に、すっごい年代物っぽい雰囲気だ。つばは元々綺麗な金色だっただったのかもしれないけど、輝きが失われて薄黒くなってる。柄は細い円柱型で赤黒くて、端っこに綺麗な深い赤の珠がついてる。この珠だけが剣の中で鮮やかな色をしている。
 でもでも、それよりも、古いけど古ぼけた感じがしないのは、何と言っても、その刃のきらめきだ。
 刀身に吸い込まれそうな名刀なんて表現を見たことがあるけれど、それってどんな? って思ってた。
 今判る。これがまさにそんな感じだ。
 武器のことなんてわたしはよく判らないけれど、これっていい剣なんだなぁって思った。
 本物の武器だって思ったら、ちょっと興奮するし、ちょっと怖い気もする。けれど気が付いたらわたしの手が剣の柄を握ってた。
 持ち上げてみる。ずっしり来るけど、重すぎるほどじゃない。これなら、振れそう。
 わたしはこの名剣といっしょに、これから戦うんだ。
 って人知れず心奮わせてたら。
『久しぶりにワシに惹かれる者がおると思うたら、なんだ、こわっぱか。ふむ、素質はありそうだがまだ固いつぼみと言ったところか』
 頭の中にあの声が聞こえてきた。さっきよりもかっこよさが抜けて軽い感じになってる。それになによ、いかにも残念そうに、こわっぱって。
『かっこよさが抜けて悪かったな。残念なこわっぱだから残念と思うたまでよ。こわっぱが気に入らぬなら、小娘でどうだ』
 げっ? 何? 口に出してないのにっ。ってかいかにも譲歩したって感じで言わないでよ。
『お主、まだ魔器についての詳しい説明を受けとらんのか。そこの若いの、教えてやれ』
「まさかこのような魔力の高い武器を手に取るとは思いませんでしたから、そのあたりの説明は省いていましたが、そうですね、愛良ちゃんがあなたを選んだのなら、お話ししておかなければなりませんね」
 若いのってアロマさんのことか。目もないくせにどうやって見えてんだろ。
「狩人が引退する時に魔器を夢見の集会所に寄贈するって話は、さっきしたよね」
「あっ、はい」
 アロマさんが話し始めたから、わたしはそっちに集中することにした。
「たくさん経験を積んで強くなった狩人は、魔器を手放す時に、それまで培ってきた魔力を魔器に移して強化することができるんだ。ある一定量の魔力が魔器に注がれると、この剣のように人格を持って念話、つまりテレパシーで会話できることができるようになったりするんだよ」
「じゃあ、この剣はすっごく強い人が使ってたってことですか?」
『そうだ、お主のようなかけだし、いや、かけだしてもおらぬこわっぱが持つにはもったいないほどだ』
 剣が、剣のくせに横やりを入れた。むっ、悪かったわねかけだしてもなくて。
 でもここで疑問がわいてくる。
「何人もの人が魔力を注いで人格ができるんなら、その人格は誰のものなんですか?」
「その魔器ごとにパターンはいろいろとあるみたいだよ。一番強い魔力を注いだ人だとか、一番初めに魔力を注いだ人だとか、いろいろな人の性格が混じり合ってたりとか」
 ふぅん。この剣はどのパターンだろう。相当の偏屈じぃさんには違いないけど。
『誰が偏屈だこの小娘が』
 魔器のツッコミにアロマさんがくすくすっと笑った。
 ま、まさか魔器を通してわたしの考えてることが周りの人にバレバレなんてことは……。
『それはない。ワシが通訳してやってもよいがな』
「お断りです」
 わたしと剣のやりとりにアロマさんが首をかしげた。よかった。本当に聞こえてないみたい。
「じゃあ、愛良ちゃんの魔器はその剣、でいいのかな?」
 アロマさんが尋ねてくる。
「うん、なんか惹かれちゃったし」
 まさか剣がしゃべるなんて思ってなかったけど。しかも偉そうで口やかましそうなじぃさんとは。
『やかましいのはお主が上だ。それと、ワシの名はサロメだ。いつまでも剣だの魔器だのじぃさんだの呼ばれとぅない』
 サロメか。なんか古臭い感じがしてこの剣にぴったりかも。
『何が古臭いだ。全世界のサロメという名の者に謝れぃ』
 うっ、そうか。サロメって名前は今でも使われてるのか。
『ともかく、ワシがお主の剣となるのだから、しっかり精進せいよ、愛良』
「うん、頑張る」
 サロメの柄をぎゅっと握ってうなずいた。
 すると、サロメが薄くて白い光をぼんやりと出した。
 サロメを入れてあった箱が、形を替えて行く。
 見る見るうちに細くなって、鞘になった。
『普段はその鞘にワシを入れておけ。……丁重に扱えよ』
 うなずいて、鞘を拾って、もう一度サロメの刀身を見る。綺麗だなって見とれてるわたしの目のあたりが反射してる。
 これから、狩人になってたくさん夢魔をやっつけて、お母さんを探しだす。
 刀身に映ったわたしの目を見つめ返しながら、決意とともにうなずいた。
 こうして、わたしは魔器を、魔剣サロメを手に入れた。

作品を気に入っていただけたら拍手をください。励みになります。


前へ  次へ
すべては夢のものがたり 目次
感想掲示板  サイトトップへ
inserted by FC2 system