鎮魂一蹴!

 日本屈指の退魔の家に生まれ育ちながら、親戚からは不信の目で見られている信司はかけだしの退魔師。頭の固い古だぬき達を納得させ、富川家当主として忙しく働く兄に追いつきたいと奮闘の日々を送る。
 ある日、兄に頼まれて、信司は相棒の透と田舎町で起こる不可解な事故の謎を調べることになった。
 取り壊しの決まった家に棲む悪霊は、なぜ急に人に危害を加えるようになったのか。
 (コメディメイン・シリアスあり 完結 111枚)

1.言ってもダメなら蹴ってみる! 
2.怖かったから逃げ出した 
3.ビジネスだからしょうがない 
4.女の人って難しい 
5.勝てる気がしない真剣勝負 
6.解体予定の家はいわくつき? 
7.邂逅、大木の霊と恐怖映画男 
8.真実はどこに? 霊との対話 
9.魂が見せた悲惨な過去 
10.鎮魂一蹴! 鎮まれ、悲しみの魂 
11.判ったこと、判ってないらしいこと 


拙作への感想をぜひお寄せください。
一言感想はこちら。長文感想 はこちら
感想をいただければ執筆ペースが上がるかも♪


「7th Dead」ノベル
書庫
サイトトップ


inserted by FC2 system