趣味日記
2018年2月

1月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 その他の年へ 日常・育児日記へ

2月28日(火) 2月の公開作品と枚数
 74枚
 80のお題SS 19.期限は5日 11枚
 すべては夢のものがたり 幼馴染兄妹がすごすぎる 20枚
 すべては夢のものがたり 兄は恋愛対象になりません 11枚
 すべては夢のものがたり 委員長がわたしを好き? 32枚

 ほぼ、すべ夢のみだ。
 しかし、74枚って自分の中では結構な枚数なのだが、昨年暮れからの3カ月で軒並み100枚越えてるので少なく見えてしまう(笑)。

2月27日(月) 信長の野望
 ダンナが先日、信長の野望を買ってきた。
 プレイしているのを見るのは楽しいが、字が小さいので自分でやるのはちょっとなぁ、と思っていた。

 が、ちょっとだけやってみたら、やはり楽しかった……!
 ということで、ぼちぼちと時間がある時にやっている。

 このゲーム、自分で武将を設定することができる。
 たくさん作れるので、自キャラはもちろん、創作友人のキャラ達を借りてこようかな。

2月26日(日) 一度やってみたかった
 すべ夢更新。
 今回は愛良VS愛良。
 自分と戦うって、一度やってみたかったネタではある。
 と言ってもまだ愛良自身がそんなに強くないから、バトルもむちゃくちゃ派手ってわけでもないけど。

2月19日(日) これが流行りの……?
 「すべては夢のものがたり」を更新。
 これが流行りの壁ドン……。

 って、全然壁ドンじゃないけどね(笑)。
 おねー様方必死です。
 愛良タジタジ。

2月18日(土) キャラの属性
 ダンナと話してて、キャラの性質をD&Dの属性に当てはめてみた。
 秩序ー中立ー混沌 (倫理観)
 善ー中立ー悪 (道徳観)
 これを組み合わせて9つのパターンができる。

摩天楼の翳リメイク版のキャラ達
 結:中立・中立
 照子:秩序寄り中立・善
 章彦:中立・中立
 エリー:秩序寄り中立・中立
 リカルド:秩序・中立
 レッシュ:混沌寄り中立・中立

ダンナから借りたキャラ
 信司:中立・善
 亮:秩序・善
 月宮:混沌・悪
 間ノ井:混沌・悪

 ダンナキャラの方が極端(笑)。

 リカルドとレッシュは、属してるのが犯罪組織というだけで本人達の資質はそれとは離れたところにある。
 二人とも犯罪や殺人を好んでいるわけでもないが避けてるわけでもないので中立。レッシュなどむしろ、平和に育っていたら「善」だと思う。あ、「カズ殺すマン要素」は別枠ね(笑)。

 「すべては夢のものがたり」の愛良は秩序・善だよね。
 狩人としての規律は守りつつ、夢魔に狙われる人達の命を助けたいと奮闘している。学校でも結構いい子だし。
 しかし活動範囲がなにせ普通の中学生プラスアルファなのでそんなに振れ切ったキャラではない。

2月16日(木) 活動縮小
 ネットでの活動の場を、少し減らすことにした。
 時々発作的にネガティブ入るけど、その延長みたいなものだ。

 更新しても反応ないし、どうせ誰にも読まれないなら、ネット上に晒している意味はないんじゃないかな、と思うのだ。
 書くことは、書けなくなるまでやめないと思う。
 けれど、それを公開することは、時々疑問に思うようになった。

 一人でも読者がいる、と確信出来ると、続ける意欲は段違いなんだけどね。

2月13日(月) お気に入りの一文
 twitterで「字書きがふぁぼの数だけ己の気に入ってる一文を晒して解説する」というタグがあったのでやってみたら、4ふぁぼいただけたので、すべ夢から選んでみた。

1.「こ、このヘンタイ!」
 蒙古斑の話題になり、サロメに「ワシが(蒙古斑がないかどうか)見てやろうか」と言われた時の愛良のセリフ。
 実はこのセリフ、ネットゲームPSO2のマイキャラ、愛良の「この辺だー!」というセリフが「このヘンターイ!」に聞こえる、とゲームやってる友達で話題になって、それなら小説の愛良にも言わせてやれ、と逆輸入したのだ(笑)。

2.“精神世界の悪の化身よ、さっさと消えてしまいなさい!”
 狩人や夢の世界の説明を聞いている間の、愛良の妄想セリフ。可愛いコスチュームに身を包んだ狩人が武器を構えているところを想定している。セリフの元ネタは初代プリキュア。

3.剣が、剣のくせに横やりを入れた。
 サロメが愛良とアロマさんの会話に割り込んだ時の愛良の思考。
 愛良はこの手のツッコミめいたことを言ったり考えたりする。
 わたしも、こういうのを考えるの結構好きだったりする。

4.守るために戦うのが狩人なら、この大切な木刀も、斬らせない!
 最後はマジメなシーンから(笑)。愛良の狩人としての覚悟の芽生え。
 夢の世界で戦う訓練で、下手をすれば母親ゆかりの木刀が斬られるかも、と逃げてばかりだったが、何のために狩人になるの? と聞かれて、向き合う決意を固める。

2月12日(日) 老いて枯れた
 すべ夢執筆。
 置いてかれた、と書こうとしたら、老いて枯れた、となった。
 中1女子が老いて枯れたらイヤだぁ。アダルトチルドレンどころの騒ぎじゃないよね。

 すべ夢での青井家を書くの、結構楽しい。
 愛良視点だし、必要ないので結達の名前は出ないけど、これって結と照子の事なんだよね、とか思うと自分でニマニマしてしまう(笑)。

2月10日(金) 第2章スタート
 すべては夢のものがたり、第2章の連載ははじめた。
 今回は日常パート。
 狩人として活躍する愛良の、学校での一こまと、そこから動き始める恋愛模様。

 いまどきの中学生の恋って書くの難しいよね。

2月9日(木) トロフィーコンプまであと少し
 すべ夢の続きを執筆。
 愛良がとんでもなく鈍感娘に、というか、信司と同じパターンで、自分への好意には気づかない子になってしまった。
 近くに超モテの咲子がいるからまさか自分が、と思ってるし、まぁいいや(笑)。


 無双真田丸
 やり直しも終盤。レア装飾品はすべて手に入れたので、あとはミッションをすべて達成すればトロフィーはコンプリートする。
 クリアしてからも探索マップのお役目埋めはやろうと思う。
 各武将のレア武器は、余力があればね。

 唐突に、ドラゴンズドグマをやりたいと思ったが、うちのPS3がもう調子悪いので無理。
 PS4はオンラインしかないので、オフラインの続編か新シリーズ出てくれないかぁとか思うのであった。

2月8日(水) 久々更新
 80のお題掌編集を書いた。

 19.期限は5日
 原稿用紙11枚。

 不運な男シリーズの幸治と、摩天楼平和編のレッシュ達がコラボ。
 不運な男シリーズは本来、摩天楼本編とリンクしてるんだけど、今回は平和編と混ぜてみた。
 ここでもやっぱり幸治は不運だった……。

2月6日(月) 恋愛編になりそう
 すべては夢のものがたりを執筆。
 久しぶりだね。

 今回は、改稿前に下げた恋愛パートを復活させて、夢がらみの本編も進める予定。
 青井家の人達との繋がり、愛良に想いを寄せる同級生、そして、番外編や競作企画ではすでに登場済みのハルトも出てくる予定。
 2月の間にどこまで書けるかな?
 摩天楼があそこまで書けたんだから、少し踏ん張れば想定しているところまでは進めるかも。がんばるぞ。

2月5日(日) 引っ越しのCMから
 引越しのサ○イのCM見てて思った。
 結が出張告げた時に照子が「USJ一緒に行けるね!」とか言い出したら……、修羅場だな(笑)。

結:これからは遠距離r
照子:USJ一緒に行けるね!
結:えぇっと……、それなら、俺の本職、話しとかないと。

(本社にて)

結:実は結婚しまして……。エリーとの同居はちょっと……。
社長達:聞いてないYo!

 うん、なかなか愉快。

 ロスに照子ついてってたら、リカルドやレッシュとの戦いにも乱入……(笑)。
 もうそうなったらコメディにしかならないね。
 照子は基本的に結の仕事に立ち入らないスタンスだから、そこまではないんだろうけど。

2月4日(土) 廃人課金者と駄女神と
 アリアンロッドキャンペーン1回目。

 本来、世界とは神が創りだすものである。
 が、ごくまれに、自然に出来上がる世界もある。
 その、自然発生でできた世界が、このままでは滅んでしまうということで、神は介入を決意した。

 集められたのは、異世界で命を落とした3人の男女。
 神がこの世界に似せて作ったゲーム「アリアンロッド」をプレイし、世界観をよく知った者達だ。

神:なんだこのプレイ時間は。最低でも1万時間とか信じられん。
女神:廃人ゲーマー、ぷーくすくすくす。

 というノリで始まった1話。
 プレイヤーの3人が転生組、1人は女神、2人は現地の人。
 転生組のうちの1人が、小国の領主の若君、ということで、この小国を盛りたてて戦乱を収めていこう、という流れになる。

 第1回ということであんまり強い敵は出せないなー、とか言いながら盗賊団はモブ込みとは言え100人越えてますが、GM(笑)。
 何とか勝利して、今回は終了。

 次回は大規模戦闘をお試しで入れるそうだ。また苦戦しそうな気しかしない。
 でもすごく面白かった。領主さまがそれらしいロールプレイしてたからこっちもノリノリだったよ。

2月3日(金) 最後のチャンスは何度ある?
 今日更新のリメイク版摩天楼の翳の28話タイトルが「最初で最後のチャンス」だが、これからこの手のタイトルがいくつ出てくるんだろうか。
 これから結だけじゃなくいろんなキャラが「最初で最後のチャンス」とか「これが生き残るための唯一の……」とか「任務を成し遂げるにはこれしか……」とか、多分結構たくさん言ったり思ったりするはずだし(笑)。

 できるだけかぶらないようにはしたいけどね。

2月2日(木) 大がかりな派手さはない
 戦闘シーン書きつつ、フォロワーさんのつぶやき見てて、そういやうちの作品には街吹っ飛ばすような大掛かりなものはないな、とふと思う。
 基にしているのが個人対個人の異能者のTRPGだからなんだろうけど。
 ちなみにリメイク版R3では車は吹っ飛ぶ予定。

 と思っていたら旧版のR4とR7でビル爆破の報告とかはあったな。
 これはもう1話書きくわえるところでもっと派手に……、する話じゃないな、うん(笑)。
 でももうちょっとだけ派手さは欲しいなと思うので、考えてみる。
inserted by FC2 system